読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTT2016の日記

美容師ってなんだ。お前らそんなんでいいのか?

美容師に一言以上物申す!19

コミュニケーション戦略

美容室でのあるあるネタをよくここで書いているが、ちゃんとついてこれているか?だんだん難しくなるが、毎日少ししか書いてねえんだから、頭を回転させろ。どうせ今日も夕飯のこと考えてるんだろ。どうせスマホのゲームや、恋人との過ごし方について考えてるんだろ。そんなプライベートなことはどうでもいいが、だからいつまで経ってもモヤモヤが消えねんだよ!それだけは分かっておけ。知識と情報と経験値だけが、お前のモヤモヤをとってくれる。金でも地位でもねぇぞ。ではだ。美容室の経営はどこもずさんだ。
面接時に技術テストとペーパーテストをしているか?
新入社員研修で、その店でお客様を満足させるだけのレベルにする時間と労力を費やしているか?
店に誰もいなくてもマニャアルさえ読めば、誰でもこなせるだけの指標があるか?
一人一人に合わせたカリキュラムがあるか?
指名の付け方を「技術を磨け!」「練習しろ!」だけではなく、知識して教えているか?
分かるだろう、どれだけ美容業界がズサンかを。だからなコミュニケーション以前の問題でもあるんだよ。でもなちゃんと俺が教えてやるから安心しろ。
まずはだ。お前の店でやることだからキチンとメモをとれよ。一般企業ではごくごく普通のことだからな。

全ての始まりは「経営理念」だ。
第一にそこで働く美容師達がその店の存在意義を理解していなければ、全くもって意味がない。よその店でもいいわけだ。
第ニは経営方針。そこで働く美容師達が目指すものは何だ?それは分かっているのか。
第三が経営戦略。そこで働く美容師達が自分達の経営資源を理解し、それを武器に変えているか。
第四、経営目標。ここでようやく数字がでてくる。そこで働く美容師達の個人の売上目標、そして店での目標を知っていて、理解している。
第五、経営計画。計画目標を基準とし、それをいつ、どの場面でやるか、そしてそれをやるためにはどうしたらいいかを美容師達が把握しているか。
第六、進捗状況。この経営目標を基準としたものを経営計画を立て、その途中経過を修正などをしているか。

はははっ、お前には難しすぎるだろ?簡単な言葉なんだがな。企業は当たり前のようにこんなことを常にやっている。そしてお前の美容室でそれができない理由はあまりにも自頭が悪いからだ。ようはベースのレベルが低いということだ。まずはな、それをお前が受け入れろ。お前はレベルが低い。できているつもりだろうが、それは環境や立場がそうさせているだけであって、見せかけだ。無意味なことに意味を持たせるな!現実をみろ!ブルース・リーの言葉は精神論だ。精神論だけでは経営は成り立たないぞ!そのうえで俺の言葉を実行してみろ!

でだ。コミュニケーションとは、この6つの経営指針があったうえで、
○共通言語→理念、価値観、目標、指標となるもの
○美容師達がそれらのことに意欲、興味、関心を持たせているか
○美容師達に要求を伝えているか
○情報を共有しているか

ようやく、コミュニケーションの話ができたぞ。ここまでの段階があって、はじめてコミュニケーションというんだ。ただ話した、聞いてない、忘れた、よくわからない、どうしたらいいものか、話しているんだけど、やったんだけど、、、
なんてくだらない。そんな低俗な言葉を発するから美容師がなめられるんだよ!子供みたいな言葉を発するヤツが店長レベルの役員なら、そこで働く美容師達は悲しむぞ。お前に期待して入社してきてんのに、「やってるんだけどなぁ~」なんだ、そのナヨナヨした言葉は!覇気がねぇんだよ!そこでブルース・リーだ!理論があったうえでブルース・リーなんだよ!精神論なんだよ!

『Don't think. Feel!』

ブルース・リーだって、しっかり計画を立てて、有名になったんだ。なぜならな、ハリウッドに「俺は必ず有名になる人物だから採用しろ!」っていったんだからな。すごいだろ。自分に自信がなければ言えないし、それだけの下準備がなければそこにたどり着けない。つまりな、お前が大それたことを言えないのは自信がないからだ。ナヨナヨしているからだ。だからコミュニケーションって何だ?ってちゃんと考えろ!そこを構築しんと上手くいかんぞ。もう一度要点をまとめるぞ。


1、経営理念
2、経営方針
3、経営戦略
4、経営目標
5、経営計画
6、進捗状況

それが基本となり、コミュニケーションとは
○共通言語→理念、価値観、目標、指標となるもの
○美容師達がそれらのことに意欲、興味、関心を持たせているか
○美容師達に要求を伝えているか
○情報を共有しているか

がくる。先に共通言語があっても、情報を共有しても意味ないぞ。そしてだ。肝心なことを言う。
人は「俺からお前に、お前から俺に」は通じない。
だから、
「俺達のなかの一人から、俺たちのなかの他人へ」
これが通じる。つまり本質だ。わかったから?わかんねぇだろうが、言い方を変えると、インプットは意味がねぇ、アウトプットをしてはじめて人は成長する。俺がよく使う言葉だ。結局どれも繋がってんだよ。