読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTT2016の日記

美容師ってなんだ。お前らそんなんでいいのか?

美容師に一言以上物申す!20

「時間は使われている」
さて今日も吠えるぞ!ワンワン!
お前が時間をもて余しているなら問題ない。そのままでいいぞ。もし時間が足りないと思っている、感じているなら、時間の使い方次第で生産性をあげることができる。しかしだな、お前は大事なことを認識しなければならないんだ。それはだな、お前が使っているほとんどの時間が実は自分が意図して使っている時間ではない、ということだ。ほとんどが“使われている時間”なんだ。どういうことかというと、お前は美容師だ。店長でもスタイリストでもアシスタントでもなんでもいい。お前がお客様を担当している時間は使われている時間というのはわかるな。なぜならその時間はゲームも恋愛もカルテ記入もブログも書けないからだ。ここまででもう理解しただろう。頼まれた仕事をしている時間は使われている時間だ。言葉(漢字)を変えよう。仕(つか)われている時間だ。人が事に支(つか)えると書いて仕事。つまり仕事をしている時間。ではお前が役職者だとしよう。しかし、お前を頼って次から次へと相談や、報告や、事務作業が舞い込んでくる。結局自分の時間なんてないんだよ!いいか、今日はこれだけだ。これをお前が理解しなければいくら頑張っても効率よく動けないからだ。やろうという気持ちがあるのは分かるよ。 やりたいんだろう、やりたいけどできないんだろう。残念だが、いくら頑張っても無理だぞ。だからな、まずは時間は使われているもんだ、というのを認識しろ、そのうえで時間戦略が立てれるからだ。