読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTT2016の日記

美容師ってなんだ。お前らそんなんでいいのか?

美容師に一言以上物申す!35

「新規を呼び込むには2」

10月と11月は暇なとこが多かったみたいだな。新店ならマーケティングの力、年数が経っているなら今までの新規をとりこぼしているわけだから、やり方が合ってないってことだな。ところでだ。マーケティングの基本の「キ」がなんだか知ってるか?知らんだろ、基本のキだ。っていうと、だいたいがこう答える「しじょうちょうさ?」バカが!マーケティングを日本語にしただけじゃないか!マーケティングの基本のキは、「お客様の声を拾う」ことだ。全ての基本なんだよ。お客様のニーズ、お客様の本音、こういうのがあったらいいよね、こういうのがほしいな、こういうのってないよね。を形にするから需要と供給が成り立ち強みになる。もしそれをしなければ、ただのエゴだ。マスターベーションをしているだけなんだよ。もう営業をしている美容室なら、営業中にお客様から聞き出そうとしても無理だぞ。なぜならお客様はお金を払うからだ。お金を払う以上良いサービスを受けたいと誰でも思うだろ?そこに本音を話して、美容師に嫌な思いをさせたら投げやりな接客にされるかもしれない、と考えるのが心理だ。かといって、常連なら話してくれる。しかし常連はごもっともなことしか言わないぞ。居心地がいいんだよねぇ~、行きやすいんだよねぇ~、そりゃあなたがいるからよ。なんて言ってくる。そんなことを聞いた日には美容師も気持ちよくなるよなぁ。ただしそこにマーケティングはないぞ。マーケティングとはお客様の本音の中に隠されている。だからだ。お客様と飲みに行ったり、火曜日の定休日にイベントを開いてアンケートをとったり、お会計のときに切手付きのアンケートハガキを渡したりする。切手代がもったいない?ふざけんな!投資だよ。お前はブルーオーシャンを目指してるんだろ!地域一番を目指してるんだろ!だったらお客様の本音を聞き出す努力をしろっつんだよ!それで新規がこないんだよねぇ~、再来率が悪いんだよねぇ~。ってあまえ過ぎでしょ、勉強不足過ぎでしょ、ぐだらねぇ、そういう美容室はさっさと潰れちまえって、言わなくても勝手に潰れる。ようはな、新規を呼ぶにはベネフィットを考えろってことなんだよ。