読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTT2016の日記

美容師ってなんだ。お前らそんなんでいいのか?

美容師に一言以上物申す!39

「オーナーの給料って」

日本にいるほとんどの美容師が雇われだ。ざっと9割。そこには当然ヒエラルキーがあるので、オーナーが一番多く報酬をもらうことになる。じゃあ一体いくらが妥当なのか。いくらもらっているのか?という話題がよくあがる。ごくシンプルにいうと3店舗経営している社長の給料の目安は100万だ。んっ?どうだ、低いか高いか?ではここから地味な話をしていこう。年商が6,000万だとしよう。月の売上は500万だ。スタッフ数、席数、広告費、材料費などにより変動するが、ここに方程式がある。あくまで一般的な美容室で考えるぞ。

スタッフ数=席数
10席あったら10人の社員が適当という意味だ

広告費=総売上の10%
総売上が500万なら、広告費にかける割合は50万

材料費=総売上の5~10%
総売上が500万なら、材料費は25万なら優秀、50万までならギリギリセーフ

家賃=総売上の10%
総売上が500万なら、家賃は50万

人件費=総売上の40%
総売上が500万なら、200万が人件費

諸経費=総売上の2%
諸経費とは、タオル代、光熱費、接待費、雑誌、メンテナンス代、ネット、電話代など
総売上が500万なら、10万が諸経費

社会保険=総売上の10%
10人の社員がそれぞれ20万ずつ、給与を与えているなら、会社の負担は50万だ。

税金=10%
消費税、法人税、固定資産税などあるよな。500万なら50万が税金だ。

そう考えるとだぞ、
500万(総売上)-50万(家賃)-50万(広告費)-200万(人件費)-25~50万(材料費)-10万(諸経費)-50万(社会保険)-50万(税金)-10万(ローン)=残り65万~40万

これが10席で10人雇っている社長の給料だ!となるのがシンプルだがそうもいかん。さらにそこから「次の店舗への資金」「改修費」「リニューアル費」「戦略費→リクルートや何かをしようとする費用」「いざというときのプール」それで、最後の最後にようやく社長の報酬だ。そう考えると実際は少ないぞ。何が少ないって社員10人の責任を背負っているものにたいして、たったこれだけなのか?だからだ。それでも人を雇うことで得られるやりがいや、仲間というのはかけがいのないものだ。10人が毎日、何かしらしてくれる。これが100人いたら、どえりゃあめんどうくさいぞ。社員が出したクレーム処理、社員が社内恋愛をした、社員が設備を壊した、社員が外で万びきをして捕まった、社員が売上を猫ババした、社員同士で喧嘩をした、社員が造反をした。これらと毎日付き合わんといけんのだよ。雇われにはわからんだろうなぁ。それでもお前は独立をしたいか!?