読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTT2016の日記

美容師ってなんだ。お前らそんなんでいいのか?

美容師に一言以上物申す!34

「新規を呼び込むには1」

お前は居酒屋や服屋やカフェにはしょっちゅういくんだろ。カフェといえばスタバやカフェ・ド・クリエカフェ・ベローチェドトールコメダなどあるよな。ということは店を選んでるんだよ。選んでるということは考えて自分の意思でそこに向かっているんだ。ここまでわかるな。しかしだ、美容室に立つと新規が来る理由が全くわからなくなる。なぜだかわかるか?サービスを提供される側だと行く理由は分かるのに、サービスを提供する側になった瞬間に自分の店なのに選ばれる理由がわからなくなるんだ。それはお前が何にも考えてないからだ。くだらねぇだろ。何にも考えてねぇんだぜ!そうなんだ。ただな、考えても辿りつかんところがある。だからそれはこのブログを読んで補え。

ディスポジョン効果という言葉がある。3つの例をだそう。

1、「美人投票」というのがある。10人の女性がいて、美人だと思う1人に投票する至ってシンプルなものだ。そこにだ、条件を付ける。1位になった女性を選んだ人にはコンサートの無料チケットがもらえるんだ。ここまでだが意味はわかるな。次にいくぞ。
それがどういうことかわかるか?
美人投票だけなら、自分の好みの女性に投票する。
しかし、無料のコンサートチケットを欲しい人がたくさんいるなら、好みの女性ではなく、誰が1位になるかを予想してその女性に投票することになる。つまりバイアスが働いているわけだ。


2、時給800円と時給900円なら、誰だって時給900円を選ぶだろ。しかしだ、人はヘンなことをする生き物である。なかには時給800円を選ぶ人がいるんだ。なぜか?時給が100円安いほうが、自分の責任が少なくて済みそう、そっちのほうが仕事が簡単そうなどがでてくるからだ。


3、高価な物だと価値を分かって買った服や財布。しかし、一旦手に入れるとその価値は自分のなかでどんどん減っていき、最後にはただの物になっていることを気づいているだろうか?
ソイツにとってはただの物でもそれを質屋に入れれば売れる。売れるということは価値があるけど、価値を感じないのはなぜだ?


わかったか、これがディスポジション効果だ。これを美容室にあてはめたらどうなる?まぁどうせわかんねぇだろなぁ。学生のとき関数を習っただろ。その関数は世の中の何に役にたつのかを考えながら勉強したか?してないだろう。じゃあ、今でも関数ができるか?っていうと忘れているだろ。それって本来の意味を知らないし、調べてないからだ。結局中途半端になるわけで、その末が美容師“しか”職業の選択肢がなくなった。“しか”とか思われるの嫌だろ。美容師という職業が見下されてるんだぜ。せっかく人に誇れる仕事をしてるんだから、誇れるだけの意味をもとうぜ!
でだ。ディスポジション効果と美容室を繋げるわけだ。ディスポジション効果の意味は「人は損をしたくない」。だからホームページやホットペッパーを読んだときに、自分にとって“お得だな”と思わせないといけないんだ。いいか俺達は商売をしてるんだ。
「思ってもらえるように」

「思わせる」
は、違うぞ!「思ってもらえる」とか考えるヤツに経営の資格はない!ここは日本で資本主義社会で、競争社会だ!あまったれたことを考えるな!消費者に選んでもらわなければ、いくら良いものでもクソだ!だからな、「思わせる」でいいんだ。かといって誇大広告とは違うぞ。ギリギリ矛盾が生じるくらいだ。「カット、カラー、嬉しいトリートメント付」なんていいながらクソみたいなトリートメントだろ。そんなんだよ。たったそれだけ集客できるんなら、やったほうがいいに決まってる。あとは自分で考えてみろ。ディスポジション効果でだ。 
ちなみにだ、関数はパラボラアンテナや、ダムの水が落ちる位置などがそうだ。つまり放物線が関数だ。物を放るときの流れだな。